ニートでもできる仕事&向いてる仕事【全25選】

ニートでもできる 向いてる仕事

長くニートをしていると、いざ仕事をしようとなった時に「何度も面接に落ちるんじゃないか…」「職場の人と上手く会話できるだろうか…」と不安になってくるデジよね。

そこで今回はニートでもできる、ニートに向いてる仕事をまとめたデジよ。なるべく人と接する機会が少なく、就職しやすい仕事を集めたデジから、ぜひチェックしてみてほしいデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

ニートに向いてる仕事の基準とは

今回、ニートに向いてる仕事を選ぶ基準は以下のように設定したデジ。

ニートに向いてる仕事の基準
  • 人と接する機会が少ない
  • 複雑な作業が少ない
  • 空白期間があっても就きやすい

全ての仕事が上記の基準に当てはまるわけじゃないデジけど、人付き合いや複雑な作業が苦手な人も多いと思うデジから、なるべく上記の基準に当てはまるよう仕事をチョイスしたデジよ!

就職の経験があるにせよ無いにせよ、ニートだと履歴書的に空白の期間が生まれちゃうよね。そんな空白の期間があっても就きやすい仕事、といった部分も重視してるのさ。

ニートと一口に言っても様々なタイプがいるデジから、必ずしもぴったりの仕事が見つかるとは限らないデジけど、仕事を見つけてニートを脱したいって人は最後までチェックしてみてほしいデジ!

ニートに向いてる仕事を紹介!

さっそくニートに向いてる仕事を紹介していくデジ。

ニートに向いてる仕事
  • トラック運転手
  • 介護職
  • 清掃業
  • 警備員
  • ゴミ収集
  • 製造業
  • 倉庫作業
  • 新聞配達・ポスティング
  • 配送業
  • セルフのガソリンスタンド店員
  • ゲームテスター
  • 美術館スタッフ
  • コールセンター
  • ネットカフェ
  • 農業
  • 事務職
  • 接客業

それぞれの特徴などは下記でひとつずつ紹介するデジよ!

ガーデン

なお、今回は外に出て働く仕事と在宅ワークを別の項目にしてるのさ。在宅ワークを希望する人は【在宅編】をチェックしてみてね!

トラック運転手

ニートからの就職で意外に多いのがトラック運転手デジよ。トラック運転手って何となく「体格のいいおっちゃん」がやってるイメージもあるデジけど、力仕事は基本的に荷物の積み降ろしだけで、後は延々とトラックを運転してるだけデジから極端に力が必要ってことはないデジ。

しかも、運転するトラックに合わせた免許さえあれば仕事に就けることも多く、実はニートに向いてるんデジよね。一人でトラックを運転するのが主な仕事デジから、わずらわしい人間関係に悩むこともほぼ無し。しかも、運転しながら好きな音楽などを聴いてられるデジよ!

介護職

空白期間があっても就職しやすい仕事、といえば介護職もおすすめさ。介護業界はとにかく人手不足だからね。未経験でも採用のハードルは低いと言われてるよ。ニートから即正社員も夢じゃないはずさ。

問題は要介護者を抱きかかえたりと予想以上に肉体労働なこと。ニートでずっと引きこもっていた人だと、初めは肉体的に辛いと感じるかもしれないね。

清掃業

オフィスや商業施設などを掃除する清掃業もニートに向いてると思うデジ。というのも、清掃業は黙々と一人で作業することも多い仕事デジし、高度なスキルなどは要求されない単純な仕事でもあるデジ。

人間関係に疲れてニートになってしまった人にもおすすめデジ。

警備員

警備業界も深刻な人手不足で採用率が高いっていうね。未経験でも採用されやすいし、立ちっぱなしで肉体的にはやや辛いものの、配置によってはビルの前で怪しい人がいないか見張るだけの作業になるから人間関係で悩むことも少ないのさ。

体力が衰えてきた60代以降の人もたくさん活躍する仕事だから、ぜひチャレンジしてみてほしいな!

ゴミ収集

専用のゴミ収集車で各家庭のゴミなどを回収していく、ゴミ収集もニートにおすすめデジ。朝はやや早いんデジけど、仕事内容は延々と収集車にゴミを投げ入れていくくらいのもので、「楽で続けやすい!」という意見も多いんデジよ。

おおむねスケジュール通りにルートをまわるだけだから、残業発生率も低く、ブランクからの仕事復帰にも最適デジ。問題は楽な仕事のせいか定着率が高く、求人がやや少なめデジ。ただ、特殊なスキル等は不要デジから、求人さえあればニートでも採用される可能性は低くないはずデジ!

製造業

製造業の仕事は延々と同じことを繰り返すため、複雑な仕事が嫌なタイプのニートにぴったりだよ。極端な話「お弁当のハンバーグに延々とソースをかける仕事」みたいなものだね。

日本は製造が盛んな国だから求人も少なくないし安定性も悪くないんじゃないかな。それに、製造業も人手不足で職歴・学歴問わず受け入れてもらいやすいんだよ。

倉庫作業

今やネット通販の利用経験のない人はいない、と言っても過言でないほど通販が拡大したデジよね。そのため、倉庫の中で商品を整理したり、梱包したり、検品したりする仕事も需要が増加してるデジ。

加えて、ほとんどの都道府県には流通の拠点があり、どこでも派遣バイトなどがあると言われてるデジ。仕事内容も覚えてさえしまえば単純作業デジから、まずは近くで働ける倉庫が無いか確認してみてほしいデジね!

新聞配達・ポスティング

ひたすら各家庭のポストをまわって新聞やチラシを入れていく、新聞配達やポスティングの仕事も人付き合いが少なくてニートに向いてると思うよ。

配達範囲によってはやや体力が必要だけど、仕事内容は極々シンプルなものだから嫌になることも少ないんじゃないかな。仕事へ復帰するにあたって、まずはマイペースに仕事をしたいって人には特におすすめさ!

配送業

通販で注文された荷物などを届ける、配送業の仕事も需要が増加しており、比較的就職しやすいと思うデジ。仕事内容は「トラックなどで荷物を配達」「各家庭でサインを貰って荷物を渡す」。基本はこれだけデジ!

荷物を届けるにあたって人との会話が必要になるものの、「サインをお願いします」「ありがとうございます」など、ほんの少しの会話でOKデジよ。

セルフのガソリンスタンド店員

ガソリンを自分で入れるタイプのスタンドなら、いちいちお客さんに対応しなくてもいいから、人と話すのが苦手な人でも続けやすいのさ。

ニートと言えば昼夜が逆転してることもあるけど、ガソリンスタンドって夜勤の仕事もあるんだよ。ただ、夜勤の場合は「危険物取扱者乙種第4類」といった資格が必要になる可能性があるから気を付けてね。

ゲームテスター

ニートの中にはゲームが好きって人もいるデジよね?そんな人におすすめしたいのが、発売前のゲームをプレイしてバグが無いか見つけるゲームテスター(デバッガ―)デジ!今やゲームコンテンツの拡大から需要も増加してるデジよ!

期間が決まったアルバイトの募集もあるため、社会復帰の第一歩としても最適デジ。ただ、純粋にゲームを楽しむのでなく、あくまでもバグを探すのが目的デジから、無意味な動作を延々と繰り返さなきゃいけないこともあるデジ。

美術館スタッフ

美術館スタッフの主な仕事は、受付で入館者をチェックしたり、美術品に悪さする人がいないか見回るくらいのもの。仕事の経験が無い、あるいはブランクがある人にもとっつきやすいのさ。

ニートからの復帰で、いきなり長時間残業っていうのは疲れちゃうよね。でも、美術館スタッフなら閉館と共に仕事も終了になるから、ほぼ残業の心配もないんだ!

コールセンター

人と話すのが極端に苦手なニートにはおすすめしにくいデジが、コールセンターの仕事は堅苦しいスーツ縛りもないし(基本は私服OK)、ずっと室内で座りながら仕事できるデジから肉体的には楽なんデジよ!引きこもっていて体力が落ちてる人の社会復帰にもいいと思うデジ。

仕事内容はクレーム処理や各種質問への回答と、やや面倒そうに感じるデジが、しっかりマニュアルが用意されてるから初めてでも問題ないデジ!

ネットカフェ

長年のニート生活で昼夜逆転しちゃった人はネットカフェで働いてみたらどうかな?ネットカフェって深夜もやってるお店がほとんどだから、夜勤の募集も多いんだよ。

お店にもよるけど、仕事内容も受付に座ってお客さんを待つくらいのもの。お店によっては暇なタイミングで漫画を読めちゃうこともあるんだ。しかも、深夜の仕事(22時~翌5時まで)なら深夜手当もつくよ!

農業

知人に農家をやってる人がいる場合などは、農業の仕事も検討してみてほしいデジ。農業とニート。何だかイメージは正反対デジけど、農業って頭より身体を動かすタイプの仕事デジから、未経験でも仕事内容を覚えやすいし、仕事を続けるうちに性格が明るくなるって話もあるんデジよ。

朝早くに起きて、夕方やや早めに切り上げるスタイルが多いため、ニート生活で逆転した昼夜を矯正したい人にもいいデジね。

事務職

ニートからの就職だとやや難易度は高いけど、しっかり正社員を目指したいって人は事務職を検討してみてほしいな。事務職って社外の人と接する機会が少なめだから、人と接するのが苦手なタイプでも続けやすいんだ。

最近はニートの就職を支援してくれるサービスもあるから、上手に活用してみるといいよ。

接客業

お客さんとの会話が多い接客業はニートに向かないと思われがちデジが、一概にそうとも言い切れないデジ。なぜなら、接客業はまず人手不足で就職のハードルが低いデジ。また、人との会話は多いものの仕事内容自体はシンプルなものデジ。

アルバイトはもちろんのこと、正社員の採用も少なくないデジから、まずは転職サイトなどを覗いてみてはどうデジかね。

【在宅編】ニートに向いてる仕事を紹介!

ここからはニートに向いてる在宅ワークを紹介していくデジ!まずは以下が目次になるデジ。

ニートに向いてる在宅の仕事
  • WEBライター
  • ブロガー
  • イラストレーター
  • 動画投稿者
  • 翻訳家
  • プログラマー
  • データ入力
  • 株・FX

それぞれの特徴などは下記で紹介するデジよ。

WEBライター

在宅ワークの代表とも言えるのがWEBライターさ。長年ニートをしてると、インターネットや本で様々な知識が蓄積されてたりするよね。その知識を活かしてライティングを行えば、良質な記事が出来上がって、どんどん依頼がくるかもしれないよ!

また、ゲームが好きで、ひとつのゲームをやりこむタイプのニートにもWEBライターは合ってると思うよ。いろいろなジャンルの仕事があるから、自分の得意なジャンルの情報をまとめるだけで仕事になることもあるのさ。

ブロガー

WEBライターとやや似てるデジけど、自分でブログを立ち上げて記事を投稿していき、広告収入で儲けるブロガーもニートに向いてると思うデジ。

ニート時代に読んだ本やプレイしたゲームの知識を活用し、専門的なブログを立ち上げることで、多くの人が訪れてくれるかもしれないデジ。ただ、ブログは既に飽和状態でアクセスを集めるのが一苦労デジ。下手をすれば全くお金にならない可能性があることも覚えておいてほしいデジ。

イラストレーター

もしイラストを描くスキルがあるなら、インターネット上でイラスト作成の仕事を探してみたらどうかな。最近はスマホゲームの影響もあってイラストの需要って凄く増えてるんだよ。

依頼を受ける時のメール以外には人付き合いもほぼ無いし、長年、外出してないニートでも大丈夫なはず!ただ、しっかり外で働いて社会復帰したいタイプには向かないかもしれないね。

動画投稿者

今やゲーム実況プレイや面白動画の投稿が仕事になる時代デジよ。たとえば、YouTubeなんかは視聴者に動画が再生されるほど収入を得られる仕組みデジ。

最低限の機材や動画編集スキルは必要デジけど、需要の増加から分かりやすく解説したサイトもたくさんあるデジから始めやすいと思うデジ。ただ、始めやすいだけに動画サイトの投稿数は鬼のように増えてるデジね、今から有名になって大金を得るのは大変かもしれないデジ。

翻訳家

学生時代に英語や中国語を習っていたなら翻訳家の道を選ぶのもいいんじゃないかな。インターネット上で仕事を見つけて自宅で仕事をするタイプの翻訳家なら、人付き合いに四苦八苦することも無いよ。

スキルを持ったタイプのニートは、それを活かして仕事をするのがおすすめさ!

プログラマー

プログラミングの知識がある人はプログラマーもありデジ。IT系の会社に就職して働いてもいいデジし、インターネット上で仕事を探して自宅で働く方法もあるデジよ。

手軽さで言えば自宅で働く方に分があるデジね。ただし、安定した仕事を求めるなら会社に所属すべきだと思うデジ。

データ入力

指定されたフォーマットに文字や数字を入力していく単純作業のことを、データ入力って言うのさ。パソコンさえ使えればOKで、特別なスキルは必要ないためニート向けと言われることも多いね。

特にニートでネットゲームをやってた人なんかは、高速タイピングのスキルが活かせるはずだよ。問題はアルバイトやパートが中心で正社員の雇用が少ないことかな。まずはデータ入力で仕事の感覚を掴んで、他の仕事に就くのがいいかもしれないね。

株・FX

仕事・・・といっていいか微妙デジけど、インターネットや新聞を駆使して情報を集めるのが得意なら、株やFXで儲ける手も無くはないデジ。

しかし、株やFXは失敗した時の損失が大きいうえ、当面の軍資金が必要デジ。今まで一度も働いたことのないニートではなく、社会人経験があり一定の貯金があるニート向けデジ。

ただ、株やFXについては、熱くなって家族のお金に手を付け、家族ともども困窮に・・・といった体験談も存在するデジから、くれぐれも注意するデジよ!数万円で試してみて儲からないようならすぐに止めた方がいいかもデジ!

ニートは短期の仕事から始めるのもあり!

ずっと仕事をしてなかったニートがいきなり正社員や週5シフトのアルバイトに入るのはキツいデジよね。そこで、まずは短期の仕事から始めてみてはどうデジか?例としては以下のような仕事デジ。

短期の仕事例
  • イベントの設営
  • 引っ越しアシスト
  • 交通誘導・施設警備
  • プール監視員
  • 年賀状の仕分け
  • シール貼り・商品組立

上記のような短期の仕事でや「労働でお金を得る喜び」や「労働の後の心地よい疲労感」を体験することで、徐々に労働意欲が湧いてくるはずデジ!

僕も初めてのアルバイトをした時の思ったけど、働き始める前って凄く不安なんだよね。でも、働き始めると「意外と楽しい!」と思えてくるんだ!

求人系のサイトでは短期の仕事だけを集めた特集をしてることもあるデジ。まずは1日限定のイベント設営のアルバイトなどで、仕事の感覚をつかむ(or取り戻す)デジ!

失敗を恐れずニートにおすすめの仕事へチャレンジ!

ずっと仕事をしてない人だと、アルバイトやパートであっても始めるのには凄く勇気がいると思うデジ。しかし、仕事への第一歩を踏み出してみれば「あれ?意外と仕事って簡単かも?」と思えたりするもの。

それに、仕事選びで失敗したとしても退職という手段があるデジ。選んだ仕事を永遠に続けなきゃいけないわけじゃないデジし、「合わない仕事だったら次の仕事に移ればいいか」くらい気楽な気持ちで就職活動をしてほしいデジ!

「仕事選びは絶対に失敗できない!」なんて慎重になりすぎていては、いつまでもニートを脱出できないデジよ。時には考えるよりも行動する方が大事だったりするデジ!